Amazon「申し訳ありません。ご注文商品が輸送中に紛失しました。」「は?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは毛糸です。

この記事は、先日私がAmazonでのお買い物で経験した、かつてない「商品紛失事件」状況の全貌です

注文、配送、そして……

6/21の夜、Amazonで買い物をしたんです。

注文した次の日(6/22)の朝には「発送しました」のメールが届き、昼には「本日到着予定」のメールも来ました。

毛糸「おぉ、早いな!さすがAmazon!」

今をときめく流通大手の対応力に感激する毛糸。

Amazonさんに一生ついて行きます!と心の中で宣言したのも束の間。

何故かその日は、待てど暮らせど荷物が届きません……

不審に思った毛糸は、Amazonのサイトで発送状況をチェックすることにしました。

毛糸「配送所で一時保管されてるのかな、まぁそういうこともあるよね」

そんなあっけらかんとした思いを踏みにじるように、Amazonの注文状況に表示された画面、それがこれです。

Amazon「申し訳ありません。ご注文商品が輸送中に紛失しました。」


毛糸「……は?」

輸送中に紛失しました???

ん~~~~~??????

なんじゃそりゃ!!!!!

なんだ「紛失」って!!!

申し訳ありません、なのはわかりますが、そんな普通にぶっちゃけられても困ります。

配達不可!じゃないですよ、一体どうしたらいいんですか……

毛糸の視界は真っ白になりました……

つながらない電話、そして再配達へ

毛糸「失くしちゃったなら仕方ないよね……」
毛糸は温厚なので、起きてしまったことにはクヨクヨしません。
冷静迅速かつ大胆に事態を収集させようと試みます。
毛糸「配送業者に連絡してみよう」
Amazonはこんなときのために、配送業者の連絡先一覧が提供されています。
メールを見ると、今回の業者は「デリバリープロバイダ」。
一抹の不安を拭えないまま、毛糸は配送業者の連絡先を調べます。

あったあった、デリバリープロバイダ。

見ると24時間対応の自動受付があるじゃないですか!
毛糸「なんだ!ちゃんとサポートあるじゃん!」
このとき時間は22時。
紛失という明らかな異常事態にてんやわんやしながらも、毛糸は電話をかけます。
プルルル…
プルルル……
プッ……
毛糸「切れた」
切れました。
自動電話受付、24時間、完全に嘘です。
電話した結果解決しなかった、とかではなく、受付すらしてくれません。
なんという門前払い、コミュニケーションの機会すら与えない鬼畜仕様。
6/22、この日はここで力尽きました……

奇跡の再配達

6/23、毛糸は残された希望に賭けます。
毛糸「再配達、行けるかもしれない……」

Amazonの配送業者一覧ページには、連絡先と一緒に再配達依頼のページも用意されていました。

これでダメなら返金してもらうしかない。

半ば諦めつつ、再配達依頼サービスに恐る恐るアクセスし、お問い合わせ番号を入力します。

毛糸「日時……」

毛糸「時間……」

……

毛糸「……受付出来たぞ?」

再配達依頼、成功してしまいました。
あれ、紛失したって言うたやん……
当日の夜に配達してくれるそうなので、一応待ってみました。
すると……
「ピンポーン!コンバンハ!ニモツデス!」
なんと!
明らかに日本人ではないイントネーションの陽気なお兄ちゃんが、荷物を持ってきてくれたではありませんか!!!
そう、「紛失した」と言われた品物は、きちんと届いたのです!
毛糸「届くじゃん、紛失してないじゃん……」
毛糸の昨日の慌てふためいた小一時間を返してください。
結局、Amazonが「紛失しました」と言ってきた荷物は普通に配送業者の手元にあり、再配達でちゃんと届けてくれました。
みなさんも、同じような状況に陥ったら、慌てず騒がず再配達を依頼してみましょう!
それではまた。
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*