複式簿記と行列簿記のテキスト・研究書5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

複式簿記による会計処理については多くのテキストが存在しますが、複式簿記やその派生形としての行列簿記「そのもの」について説明した本は、あまり多くないようです。

  • 複式簿記とはなにか
  • 行列簿記とはなにか
  • 複式簿記が備えるべき性質は何か
  • 単式簿記との違いは
  • 複式簿記は拡張できるのか
といった「複式簿記・行列簿記そのもの」に対する研究についてまとめた研究所のうち、2020年3月現在で本屋さんで買えるものをまとめておきます。
 

複式簿記のサイエンス

行列簿記の現代的意義

複式簿記 根本原則の研究

簿記の理論学説と計算構造

日本簿記学説の歴史探訪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 通りすがり より:

    こちらのブログ定期的に見ています。
    知的好奇心をくすぐる、というよりは脳に直接刺さるような刺激を受けます。
    この記事の本も読んでみようと思います。

    1. keito_oz より:

      コメントありがとうございます。これからも面白いトピックを学び発信して参りますので、よろしくお願いいたします。

      毛糸

コメントを残す

*