会計学のトップジャーナル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

論文を発表し自らの発見を世に知ってもらうのは重要なことです。

論文は他の専門家による内容のチェック(査読)を経て、学術誌(ジャーナル)に載るのが一般的です。会計学にもたくさんの学術誌があります。

本記事では会計学の学術誌のうち、特に格式高い「トップジャーナル」と呼ばれているものをまとめます。

会計学の5大ジャーナル

会計学のトップジャーナルとして特に有名なのが、以下の3つの雑誌です。

  • The Accounting Review
  • Journal of Accounting Research
  • Journal of Accounting and Economics

これに加えて

  • Contemporary Accounting Research

もトップジャーナルとして位置づけられます。また、

  • Review of Accounting Studies

も含めて、会計学の5大ジャーナルとして知られています。

 

5大ジャーナルの特徴

The Accounting Review(TAR)

The Accounting Reviewはアメリカ会計学会(AAA)が発行する学術誌です。その創刊は1926年で、最も古い会計学術誌の一つです。

創刊当時は職業会計人による規範的な論文が多かったとされます。現在では社会科学としての会計研究のリーディングジャーナルとしての地位を確立しています。

AAAのオフィシャルサイトはこちらから。

 

Journal of Accounting Research(JAR)

Journal of Accounting Researchはシカゴ大学の研究者が中心となり1963年に創刊されました。

会計情報と資本市場の関係性を明らかにしたBall, Brown(1968)はJARに受理されています。

 

Journal of Accounting and Economics(JAE)

Journal of Accounting and Economicsはロチェスター大学の Watts R. とZimmerman, J. を中心とするロチェスター学派により、1979年に創刊されました。

新古典派経済学と強い関わりを持つ彼らの研究は実証会計学(Positive Accounting Theory, PAT)として知られます。

 

Contemporary Accounting Research(CAR)

Contemporary Accounting Researchはカナダ学術会計学会(Canadian Academic Accounting Association; CAAA)が主体となっている学術誌で、1984年創刊です。

財務会計の他にも、監査や税務など会計に関わる広範な分野の研究論文をカバーしています。

 

Review of Accounting Studies(RAST)

Review of Accounting Studiesは1996年創刊でSpringer Science+Business Media から発行されています。

 

その他の有名雑誌

Accounting, Organizations and Society(AOS)

1976年創刊

 

 

参考文献

管理会計学における研究パラダイム, 上埜, 2014, 甲南会計研究

会計研究の危機と日本の会計学界(PDF), 太田, 2010, 現代ディスクロージャー研究

とむる -There is no such useless study- 主要会計ジャーナル(論文集)まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*