2021年 2月 の投稿一覧

やる気があるときにすべきこと、それは前に進むことじゃない

やる気は唐突に湧いて出ます。

なにか嬉しいことがあったとか、親しい人に励まされたとか、ライバルが頑張っているのを知ったとか、そうときには俄然やる気が湧いてきます。

しかし、このやる気が実際に行動に結びつく期間は長くありません。せっかく心を燃やしても、一晩寝たらいつもどおりの体たらくに戻ってしまうことがよくあります。

こういった反省を踏まつつ、やる気があるときにすべきことについて考えます。

続きを読む

「わかった気にさせる」ことの功罪

誰かに知識を伝えるとき、なにを・どこまで深く説明すべきか迷うことがあります。

重要で、知っていて損はないけれども、詳しく説明することで返って混乱を招いてしまうような場合には、敢えて説明をぼかすこともあります。

その際、知識を伝える相手に「わかった気になってもらう」ことが重要です。

本記事では「わかった気になってもらう」「わかった気にさせる」ことの効果と、それによって生じる問題について考えます。

続きを読む

ブロックチェーンやAIは会計士の脅威にはならないだろうけど、それでも残る2つの不安

AIやブロックチェーンといった新しい技術は、公認会計士という会計専門職の驚異になるのではないか、という不安の声が聞かれます。

「AIで会計士はいらなくなる!」「ブロックチェーンで監査は不要になる!」という主張の殆どは、会計士や監査という仕事を十分に理解していないことから生じる誤解です。

【参考記事】
「AIで会計士の仕事(監査)はなくなるのか」に対するひとつの数理的整理

「ブロックチェーンで監査はなくなる」という誤解について

しかしながら、会計士や監査をよく知る立場であっても、拭い去れない不安が2つあります。本記事ではその懸念について説明します。

続きを読む

インサイダー取引の数理

公開されていない情報を用いた取引をインサイダー取引といいます。

インサイダー取引は数学的にどのように定式化されるのでしょうか。本記事ではインサイダー取引の数理的研究に関する文献を紹介します。

続きを読む

運動方程式とグラフ上の波動方程式

グラフで表現できるネットワークにおいて、各ノードが隣接するノードから力を受ける場合、グラフ上の波動方程式を定義することができます。

この記事ではノードの状態量が運動方程式に従い、隣接するノードから力を受ける状況において、グラフ上の波動方程式がラプラシアン行列を使って表せることを示します。

続きを読む

秘密計算の会計不正研究への活用

データを開示することなく種々の計算を可能にする技術を「秘密計算」といいます。

秘密計算は既にたくさんのユースケースが提案されています。本記事では会計・監査業務における情報共有や不正予測の観点から、秘密計算の活用例について考えます。

続きを読む