つぶやきまとめ

2018年は本・書籍代に185,501円使いました。おすすめ本や高額商品を振り返ります!

こんにちは、毛糸です。

確定申告シーズンですね。

収支計算をしていて、2018年は本・書籍代に185,501円使っていたことがわかりました。

2018年の私の図書購入の振り返りをしてみたいと思います。

2018年の書籍代の月次推移と分析

2018年は本・書籍代に185,501円使っていました。

私は会計士として仕事をしており、業界知識のキャッチアップのため、普通のサラリーマンよりも本にはお金をかけていると思います。

専門書・学術書(金融や数学)もよく読むので、比較的多額になっています。

2018年の月ごとの書籍代の推移は以下のようになりました。

グラフにしてみるとこんな感じです。

1月と7月の支出が顕著ですね。

私の仕事の繁忙期が10-12月と4-6月なので、その時期が過ぎると余裕が出てきて、本を買うようになったのでしょう。

特に7月に多いのは、私のいる会社で「自己啓発支援制度」として、書籍購入に年数万円の補助がでることが原因です。

補助の計算期間が7月から始まりなので、7月に「待ってました!」と書籍代支出が増えているんですね。

2018年のおすすめ本

昨年末に読んで良かった本ランキングをツイートしたので、それを振り返ってみましょう。

2018年に購入した高額な本

2018年に買った本の中で特に値段が高かったものも調べてみました。
いずれも値段相応の価値のある良書です。

まとめ

2018年の書籍代の推移と、おすすめ本、高額本について述べました。

2018年は比較的多額のインプット教材を購入しましたが、

2019年はアウトプットにもチカラを入れていこうと思います。

AIと監査に関するつぶやきまとめ