投信定点観測

【投信定点観測】21週目|インデックス、ロボアドバイザー、アクティブファンドに積立投資

こんにちは、毛糸です。

【投信定点観測】2019年8月第1週(スタートから21週目)の損益の報告です。

今週末における損益率は2.57%(年率4.56%)です。

損益状況

商品ごとの含み損益率は以下のようになりました。【投信定点観測】開始から21週間経過時の含み損益率は2.57%(年率換算で4.56%)で、先週から0.80%のプラスです。

インデックス投資信託の変動

決算シーズンを受けて買い戻しが広がり、日本株式は週間0.47%上昇、先進国株式は1.16%の上昇となりました。

ロボアドバイザーの振り返り

ロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ)は今週+1.47%(含み損益2.87%)、THEO(テオ)は今週1.09%(含み損益1.37%)でした。

今週の含み損益ランキングは、【投信定点観測】の全14の投資先のうち、WealthNaviは第6位、THEOは第11位です。

▼ロボアドバイザーTHEO(テオ)は登録はこちらから!
THEO

▼ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)の登録はこちらから!

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

アクティブファンドの変動

日本株式に投資するアクティブファンドひふみ投信は、インデックスであるTOPIXの週間上昇率0.47%に対して、1.87%の上昇となり、優位なパフォーマンスを上げています。

まとめ

【投信定点観測】を始めて20週、累積リターンを見るとJ-REITの+9.11%から、日本株式(TOPIX)の-1.18%まで、資産クラスによって明暗が別れています。

日本株式については、アベノミクスで脅威的な上昇を見せたとはいえ、バブル崩壊と失われた20年のイメージが強く残っているためか、投資対象として魅力的に映らない人が多いようです。

しかし、市場の効率性を考えると、日本株式の先行きは現在の株価に反映されていると考えられるので、安易な思考で投資対象から除くのは懸命ではないように思います。

【参考記事】
「日本株に投資すると長期的には損」は本当か?

将来のリターンを予測するのは大変困難なことなので、個人投資家は広く分散した投資によって、リスクを低減するのが王道でしょう。

引き続き、投資信託による「コツコツ」積立投資で、安定的な資産形成を目指していきます。

【投信定点観測】20週目|インデックス、ロボアドバイザー、アクティブファンドに積立投資

こんにちは、毛糸です。

【投信定点観測】2019年7月第4週(スタートから20週目)の損益の報告です。

今週末における損益率は2.57%(年率4.56%)です。

損益状況

商品ごとの含み損益率は以下のようになりました。【投信定点観測】開始から20週間経過時の含み損益率は2.57%(年率換算で4.56%)で、先週から0.80%のプラスです。

インデックス投資信託の変動

決算シーズンを受けて買い戻しが広がり、日本株式は週間0.47%上昇、先進国株式は1.16%の上昇となりました。

ロボアドバイザーの振り返り

ロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ)は今週+1.47%(含み損益2.87%)、THEO(テオ)は今週1.09%(含み損益1.37%)でした。

今週の含み損益ランキングは、【投信定点観測】の全14の投資先のうち、WealthNaviは第6位、THEOは第11位です。

▼ロボアドバイザーTHEO(テオ)は登録はこちらから!
THEO

▼ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)の登録はこちらから!

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

アクティブファンドの変動

日本株式に投資するアクティブファンドひふみ投信は、インデックスであるTOPIXの週間上昇率0.47%に対して、1.87%の上昇となり、優位なパフォーマンスを上げています。

まとめ

【投信定点観測】を始めて20週、累積リターンを見るとJ-REITの+9.11%から、日本株式(TOPIX)の-1.18%まで、資産クラスによって明暗が別れています。

日本株式については、アベノミクスで脅威的な上昇を見せたとはいえ、バブル崩壊と失われた20年のイメージが強く残っているためか、投資対象として魅力的に映らない人が多いようです。

しかし、市場の効率性を考えると、日本株式の先行きは現在の株価に反映されていると考えられるので、安易な思考で投資対象から除くのは懸命ではないように思います。

【参考記事】
「日本株に投資すると長期的には損」は本当か?

将来のリターンを予測するのは大変困難なことなので、個人投資家は広く分散した投資によって、リスクを低減するのが王道でしょう。

引き続き、投資信託による「コツコツ」積立投資で、安定的な資産形成を目指していきます。

【投信定点観測】19週目|インデックス、ロボアドバイザー、アクティブファンドに積立投資

こんにちは、毛糸です。

【投信定点観測】2019年7月第3週(スタートから19週目)の損益の報告です。

今週末における損益率は1.77%(年率3.30%)です。

損益状況

商品ごとの含み損益率は以下のようになりました。【投信定点観測】開始から18週間経過時の含み損益率は1.77%(年率換算で3.30%)で、先週から0.54%のマイナスです。

インデックス投資信託の変動

米国の利下げが小幅なものにとどまるとの観測から、G-REITは週間で1.39%のダウン、一方のJ-REITは0.96%のアップとなり、J-REITの累積リターンは8.90%となっています。

ロボアドバイザーの振り返り

ロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ)は今週-0.81%(含み損益1.44%)、THEO(テオ)は今週-0.99%(含み損益0.28%)でした。

今週の含み損益ランキングは、【投信定点観測】の全14の投資先のうち、WealthNaviは第8位、THEOは第11位です。

▼ロボアドバイザーTHEO(テオ)は登録はこちらから!
THEO

▼ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)の登録はこちらから!

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

アクティブファンドの変動

日本株式に投資するアクティブファンド、ひふみ投信は、インデックスであるTOPIXに対して優位なパフォーマンスを上げています。

まとめ

【投信定点観測】を始めて19週、累積リターンを見るとJ-REITの+8.90%から、日本株式(TOPIX)の-1.65%まで、資産クラスによって明暗が別れています。

投資を行おうと考えるとき、多くの方は自国株式(つまり日本株)を対象にしますが、現状、日本株は数あるインデックスの中でもパフォーマンスが劣っています。

だからといって今後も日本株式のリターンが低くあり続けるわけではありません。

将来のリターンを予測するのは大変困難なことなので、個人投資家は広く分散した投資によって、リスクを低減するのが王道でしょう。

引き続き、投資信託による「コツコツ」積立投資で、安定的な資産形成を目指していきます。

引き続き積立投資の状況をリポートして参りますので、もしよろしければSNSでのシェアよろしくお願い致します!

【投信定点観測】18週目|インデックス、ロボアドバイザー、アクティブファンドに積立投資

こんにちは、毛糸です。

【投信定点観測】2019年7月第2週(スタートから18週目)の損益の報告です。

今週末における損益率は2.31%(年率4.55%)です。

損益状況

商品ごとの含み損益率は以下のようになりました。【投信定点観測】開始から18週間経過時の含み損益率は2.31%(年率換算で4.55%)で、先週から0.28%のマイナスです。

インデックス投資信託の変動

日本株式は週間で1.04%のダウン、一方の先進国株は0.01%のダウンにとどまり、両者の差は拡大しました。

ロボアドバイザーの振り返り

ロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ)は今週-0.37%(含み損益2.25%)、THEO(テオ)は今週-0.01%(含み損益1.27%)でした。

今週の含み損益ランキングは、【投信定点観測】の全14の投資先のうち、WealthNaviは第7位、THEOは第12位です。

▼ロボアドバイザーTHEO(テオ)は登録はこちらから!
THEO

▼ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)の登録はこちらから!

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

アクティブファンドの変動

日本株式に投資するアクティブファンド、セゾン資産形成の達人ファンドと、多資産に投資するセゾン・バンガード・グローバル・ファンドは、ともに良い成績を挙げています。

まとめ

【投信定点観測】を始めて18週、資産クラスごとに見るとパフォーマンスの差がはっきりしてきています。

特定の資産クラスの成績に左右されず、市場全体の平均的なリターンを享受しようとするのが、インデックス投信による分散投資です。

引き続き、投資信託による「コツコツ」積立投資で、安定的な資産形成を目指していきます。

引き続き積立投資の状況をリポートして参りますので、もしよろしければSNSでのシェアよろしくお願い致します!

【投信定点観測】17週目|インデックス、ロボアドバイザー、アクティブファンドに積立投資

こんにちは、毛糸です。

【投信定点観測】2019年7月第1週(スタートから17週目)の損益の報告です。

今週末における損益率は2.60%(年率5.41%)です。

損益状況

商品ごとの含み損益率は以下のようになりました。【投信定点観測】開始から17週間経過時の含み損益率は2.60%(年率換算で5.41%)で、先週から1.73%のプラスです。

インデックス投資信託の振り返り

先週末の米中首脳会談から両国間の緊張ムードが和らいだことが好感され、市場は盛り上がりを見せています。

日本株式、先進国株式とも2%を超える上昇となり、長らく含み損であった日本株も含み益に浮上したことで、全資産クラスで含み益の状態になりました。

ロボアドバイザーの振り返り

ロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ)は今週+1.31%(含み損益2.62%)、THEO(テオ)は今週+1.12%(含み損益1.28%)でした。

今週の含み損益ランキングは、【投信定点観測】の全14の投資先のうち、WealthNaviは第7位、THEOは第12位です。

分散投資を行っているはずのTHEOが【投信定点観測】内ランキングで下の方にいるのが残念です。

▼ロボアドバイザーTHEO(テオ)は登録はこちらから!
THEO

▼ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)の登録はこちらから!

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

アクティブファンドの振り返り

日本株式に投資するアクティブファンドであるひふみ投信とセゾン資産形成の達人ファンドですが、セゾンのほうが継続的に高いリターンを維持しています。

対インデックスで見た場合のアクティブファンド(ひふみ、セゾン)は、いずれもインデックスをアウトパフォームしており、今のところはアクティブファンドとしての価値を発揮できていると言えるでしょう。

まとめ

【投信定点観測】を始めて17週、全銘柄が含み益の状態になりました。

損益状況に一喜一憂するのは長期投資家のスタンスとしてはよろしくないのかもしれませんが、好成績なのは嬉しいですね。

投資の継続という観点からは、含み益状態による「安心感」も重要な要因であると感じます。

引き続き、投資信託による「コツコツ」積立投資で、安定的な資産形成を目指していきます。

引き続き積立投資の状況をリポートして参りますので、もしよろしければSNSでのシェアよろしくお願い致します!

【投信定点観測】16週目|インデックス、ロボアドバイザー、アクティブファンドに積立投資

こんにちは、毛糸です。

【投信定点観測】2019年6月第5週(スタートから16週目)の損益の報告です。

今週末における損益率は0.86%(年率1.91%)です。

損益状況

商品ごとの含み損益率は以下のようになりました。【投信定点観測】開始から16週間経過時の含み損益率は0.86%(年率換算で1.91%)で、先週から0.03%のマイナスです。

インデックス投資信託の振り返り

米国の過度な利下げ期待が後退し、またG20開催も重なったことで、市場は様子見ムードとなりました。

利下げ期待の後退から、G-REITは大幅に下げ、週間で-2.86%と、これまでの含み益を帳消しにしています。

ロボアドバイザーの振り返り

ロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ)は今週+0.76%(含み損益1.31%)、THEO(テオ)は今週+0.08%(含み損益0.16%)でした。

ロボアドバイザーの基本は分散投資であるため、特定の資産クラスに依存しない、安定的なパフォーマンスが期待できます。

今週の含み損益ランキングは、【投信定点観測】の全14の投資先のうち、WealthNaviは第5位、THEOは第10位です。

ロボアドバイザーは分散投資をしているのに手数料が高いからパフォーマンス的には不利、と考える人もいるかもしれませんが、実際の投資成績は「常に中位より少し下」というわけではないようで、面白い結果です。

▼ロボアドバイザーTHEO(テオ)は登録はこちらから!
THEO

▼ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)の登録はこちらから!

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

アクティブファンドの振り返り

日本株式に投資するアクティブファンドであるひふみ投信とセゾン資産形成の達人ファンドは、後者のほうが継続的に高いリターンを維持しています。

アクティブ投信についてはエコノミストの山崎元氏が

と発言し話題になりました。

アクティブファンドの是非に関する研究はいろいろあり、完全に白黒つけられる存在ではありませんが、「信じたいから信じる」という側面もあるように思います。

まとめ

【投信定点観測】を始めて16週、金融庁の「老後に2,000万」の報告書以来、個人の投資への関心が高まっているように思います。

一度仕組みを整えてしまえば「ほったらかし」で「負けない」投資が続けられるのが、インデックス投信の積立投資法です。。

引き続き、投資信託による「コツコツ」積立投資で、安定的な資産形成を目指していきます。

引き続き積立投資の状況をリポートして参りますので、もしよろしければSNSでのシェアよろしくお願い致します!

【投信定点観測】15週目|インデックス、ロボアドバイザー、アクティブファンドに積立投資

こんにちは、毛糸です。

【投信定点観測】2019年6月第4週(スタートから15週目)の損益の報告です。

今週末における損益率は0.89%(年率2.10%)です。

損益状況

商品ごとの含み損益率は以下のようになりました。【投信定点観測】開始から15週間経過時の含み損益率は0.89%(年率換算で2.10%)で、先週から0.68%のプラスです。

今週は都合によりコメント少なめでお送りします。

インデックス投資信託の振り返り

先週に引き続き、先進国株式と新興国株式が盛り返してきています。

ロボアドバイザーの振り返り

ロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ)は今週+1.26%(含み損益0.55%)、THEO(テオ)は今週+0.94%(含み損益0.08%)、でした。

ロボアドバイザー2社も無事含み益に戻りました、これからの伸びに期待です。

▼ロボアドバイザーTHEO(テオ)は登録はこちらから!
THEO

▼ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)の登録はこちらから!

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

アクティブファンドの振り返り

日本株式に投資するアクティブファンドであるひふみ投信と、日本株インデックスの差がさらに鮮明になりつつあります。

ひふみの対TOPIX日次勝率は統計的に優位に1/2を超えていますが、勝った場合の「勝ち幅」についても、比較的大きい印象を抱きます。
>>ひふみ投信の対TOPIXの勝率を調べてみたら、統計的に有意に1/2より大きかった件

まとめ

【投信定点観測】を始めて15週、私生活がバタバタしていますが、そんな中でも一度仕組みを整えてしまえば「ほったらかし」で投資し続けられるのがこの方法の良いところです。

引き続き、投資信託による「コツコツ」積立投資で、安定的な資産形成を目指していきます。

引き続き積立投資の状況をリポートして参りますので、もしよろしければSNSでのシェアよろしくお願い致します!

【投信定点観測】14週目|インデックス、ロボアドバイザー、アクティブファンドに積立投資

こんにちは、毛糸です。

【投信定点観測】2019年6月第3週(スタートから14週目)の損益の報告です。

今週末における損益率は0.21%(年率0.52%)です。

損益状況

商品ごとの含み損益率は以下のようになりました。【投信定点観測】開始から14週間経過時の含み損益率は0.21%(年率換算で0.52%)で、先週から1.02%のプラスです。

インデックス投資信託の振り返り

今週は全インデックスでプラスリターンとなりました。

アメリカとイランの対立に起因するホルムズ海峡の緊張などもありましたが、米国のタイメキシコ関税の発動見送りなどを受けて、金融市場は歓迎ムードです。

REITはかなり盛り上がりを見せており、J-REIT、G-REITがポートフォリオ全体の収益を押し上げています。

また、新興国株式、新興国債券が高パフォーマンスで、週次で1.5%程度の上昇でした。

先週、投資信託を用いた分散投資において外国債券は組み入れるべきか?という話題を取り上げましたが、「外国債券を不要とする論拠は現実に成り立っていない可能性が高く、分散投資の観点から組み入れるべき」という結論を得ました。
>>外国債券は投資に値するか?分散投資、期待リターン、金利平価からの考察

通貨と金利を巡る国際投資の理論に関しては、下記書籍に解説がありますので、是非読んでみてください。経験や思い込みではない「学術的な」見地から投資判断の材料が得られます。

ロボアドバイザーの振り返り:WealthNavi(ウェルスナビ)盛り返す

ロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ)は今週+0.26%(含み損益-0.72%)、THEO(テオ)は今週+0.94%(含み損益-0.86%)、でした。

【投信定点観測】ではインデックス投信に8銘柄、ロボアドバイザーに2銘柄、アクティブファンドに3銘柄の計13銘柄に投資をしています。

ポートフォリオ全体を加えた全14銘柄の現時点の含み損益をランキングにすると、WealthNaviは11位、THEOは12位と、やや残念な結果になっています。

ロボアドバイザーも基本的にはETFを用いた分散投資を行っているはずですので、おおよそランキングの中位に位置すると考えていたのですが、実際には下の方です。

ロボアドバイザーのリターンの特性ついては、もうすこし研究が必要そうですね。

▼ロボアドバイザーTHEO(テオ)は登録はこちらから!
THEO

▼ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)の登録はこちらから!

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

アクティブファンドの振り返り:ひふみとTOPIXの差がひらく

日本株式に投資するアクティブファンドであるひふみ投信と、日本株インデックスの差が開き始めました。

TOPIXの週次騰落率が+0.88%である一方、ひふみは1.74%と倍以上のリターンを獲得しています。

ひふみの対TOPIX日次勝率は統計的に優位に1/2を超えていますが、勝った場合の「勝ち幅」についても、比較的大きい印象を抱きます。
>>ひふみ投信の対TOPIXの勝率を調べてみたら、統計的に有意に1/2より大きかった件

まとめ

【投信定点観測】を始めて14週、ポートフォリオの含み益がプラスに浮上しました。

長期投資は、短期的には勝って負けてを繰り返しながらも、長期的には経済の成長とともにリターンを積み重ねていくものです。

引き続き、投資信託による「コツコツ」積立投資で、安定的な資産形成を目指していきます。

引き続き積立投資の状況をリポートして参りますので、もしよろしければSNSでのシェアよろしくお願い致します!

【投信定点観測】13週目|インデックス、ロボアドバイザー、アクティブファンドに積立投資

こんにちは、毛糸です。

【投信定点観測】2019年6月第2週(スタートから13週目)の損益の報告です。

今週末における含み損益は▲13,651円、損益率は▲0.82%(年率▲2.22%)です。

損益状況

商品ごとの含み損益は以下のようになりました。【投信定点観測】開始から13週間経過時の含み損益は▲13,651で、先週から12,547円のプラスです。

損益率に直すとこんな感じです。今週末の損益率は▲0.82%(年率換算で▲2.22%)です。

インデックス投資信託の振り返り

米中通商協議(先週誤って「日米」と記載しておりました、訂正いたします)の難航で冷水を浴びせられた資本市場でしたが、今週は米国の利下げが確実視され、株価は反発しました。

先進国株、日本株ともに週間でプラスリターンとなり、一旦は盛り返す展開です。

債券市場、とりわけ日本債券に関しては、国内の金利市場に目立った変動がなく、【投信定点観測】開始以来常に含み益をキープしています。対して外国債券は海外の金利動向に左右され比較的ボラタイルです。

投資信託を用いた分散投資において債券は組み入れるべきか?というのは議論の的ですが、株式市場の変動性がリスク許容度を上回るような状況では、当然に組み入れるべきでしょう。

しかし、特に外国債券に関しては、為替リスクを考慮すると投資するに値しないという考えもあります。

この点については下記書籍に解説がありますので、調べてみるといいでしょう。

ロボアドバイザーの振り返り:WealthNavi(ウェルスナビ)盛り返す

ロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ)は今週+2.40%(含み損益-0.97%)、THEO(テオ)は今週+0.18%(含み損益-1.79%)、でした。

【投信定点観測】開始以来の値動きを見ると、WealthNaviのほうが変動性が大きく、特に先週今週の値動きは激しいものでした。

WealthNaviとTHEOはその投資戦略や手法に差異があり、それがリターンとリスクに現れています。
▼ロボアドバイザーTHEO(テオ)は登録はこちらから!
THEO

▼ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)の登録はこちらから!

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

アクティブファンドの振り返り:たまにはセゾンも負けを見る

日本株式に投資するアクティブファンドであるセゾン資産形成の達人ファンドですが、今週唯一週間でマイナスとなりました。

TOPIXの週次騰落率が+1.27%ですので、珍しく逆方向に動いています。

アクティブファンドは銘柄の選別力をリターンの源泉としており、時には個別銘柄が全体の方向性とはズレて動くこともあります。

インデックスのアップサイドには連動し、ダウンサイドはヘッジするようなポートフォリオはなかなか作れないということなのでしょう。

まとめ

【投信定点観測】を始めて13週、再び米国の利下げがクローズアップされています。

リーマンショック以後、10年余りをかけ経済立て直しに成功したアメリカですが、ここに来て再び利下げ=金融緩和に動こうとしています。

経済全体レベルの変動の波を乗りこなすのはプロであっても至難の業です。

投資信託の積立投資はそうしたタイミングによるリスクを回避できる投資手法です。

引き続き、投資信託による「コツコツ」積立投資で、安定的な資産形成を目指していきます。

引き続き積立投資の状況をリポートして参りますので、もしよろしければSNSでのシェアよろしくお願い致します!

【投信定点観測】12週目|米中通商通商協議難航

こんにちは、毛糸です。

【投信定点観測】2019年6月第1週(スタートから12週目)の損益の報告です。

今週末における含み損益は-26,198円、損益率は-1.63%(年率-4.79%)です。

損益状況

商品ごとの時価は以下のようになりました。【投信定点観測】開始から12週間経過時の含み損益は-26,198で、先週から12,307円のマイナスです。

損益率に直すとこんな感じです。今週末の損益率は-1.63%(年率換算で-4.79%)です。

インデックス投資信託の振り返り:米中通商協議難航

米中通商協議がまとまらず、今週も米国株式を中心に広く売られる展開となっています。

アメリカの中国に対する輸入関税引き上げに伴う関係悪化を嫌気して、先進国株式と日本株式は週間騰落率マイナスとなっています。

一時は金利上昇リスクの後退により指数を押し上げてきたREITですが、長引くリスクオフ環境の影響を受け、今週はJ-REIT、G-REITともにマイナスとなりました。

今週の騰落率最下位はG-REITのマイナス2.18%でしたが、【投信定点観測】ポートフォリオ全体ではマイナス0.74%に収まっています。

投資信託自体が分散効果を享受する優れた金融商品ですが、これを複数の資産クラスに拡大することで、ポートフォリオ全体のリスクは更に低減することが出来ます。

ロボアドバイザーの振り返り:THEO(テオ)の守りの堅さ

ロボアドバイザーのTHEO(テオ)は今週+0.04%(含み損益-1.97%)、WealthNavi(ウェルスナビ)は今週-1.67%(含み損益-3.37%)でした。

【投信定点観測】開始からしばらくはWealthNaviのほうがリターンが高かったのですが、市場全体に失速感が出てからは、THEOの「守りの堅さ」が目立っています。

WealthNaviとTHEOはその投資戦略や手法に差異があり、それがリターンとリスクに現れています。
▼ロボアドバイザーTHEO(テオ)は登録はこちらから!
THEO

▼ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)の登録はこちらから!

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

アクティブファンドの振り返り:ひふみとTOPIXの差広がる

日本株式に投資するアクティブファンドひふみ投信と、インデックスであるTOPIXとの成績の差が開きつつあります。

週次の勝率でみると勝ったり負けたりですが、累積リターンで見るとひふみ投信はアクティブファンドとしての価値を十分に発揮しています。

統計的にはアクティブファンドは平均するとインデックスに勝てないという研究がありあますが、あらゆるアクティブファンドがインデックスに負ける、といっているわけではありません。

これまでの成績を見る限り、ひふみ投信は継続的にインデックスに勝てる優秀なアクティブファンドブファンドであると言っても良さそうです。

まとめ

【投信定点観測】を始めて12週、経済大国の貿易を巡り市場に暗雲が立ち込めています。

国家レベルのリスク要因は分散投資を持ってしてもなかなか低減することが難しいですが、それでも個別の資産のリスクをヘッジ出来るという意味では、投資信託による分散投資は個人投資家にとって十分魅力的な投資手法です

引き続き、投資信託による「コツコツ」積立投資で、安定的な資産形成を目指していきます。

引き続き積立投資の状況をリポートして参りますので、もしよろしければSNSでのシェアよろしくお願い致します!