テクノロジー

Googlability(ググラビリティ)とIT学習

Googlability

Googlability(ググラビリティ、グーグラビリティ)という単語をご存じでしょうか。

Googleはインターネットを牛耳る大企業で、その検索エンジンを用いてネット検索することは「ググる」という動詞にもなっています。

英語圏でもgoogleという単語は動詞として使われていて、それに-able(~できる)の名詞形-ability(~できること)がくっついた単語が、googlabilityです。

つまり「ググりやすさ」「検索性の高さ」のような意味合いです。

IT学習にはGooglabilityが重要

ネット検索であらゆる知識にアクセスできる現代において、googlabilityは学習効率を左右する重要な要因です。

Googlabilityが高ければ自分が求める知識にアクセスしやすく、学習効率が高まります。

逆に、googlabilityが低いと、学習コストが高くなってしまいます。関連するページが少ない、別の意味の単語がたくさんヒットしてしまうなどの状態が、googlabilityが低い状態です。

例えば、プログラミング言語GoやJuliaは一般名詞としても多用される単語であり、googlabilityは低いです(代わりにGoLangなどで検索することが推奨されます)。

そもそもweb解説ページが少ない問題

無関係な単語がヒットしてしまうという問題のほかに、そもそも関連するwebページが多くないのも、IT学習を阻む要因です。

例えば、Excel VBAに比べ、パワークエリやパワーピボットの詳細な解説ページが少ないなどです。

この問題はその技術の利用者人口が増えていけば解決していく問題ではあります。しかし「新しもの好き」なユーザはこの問題を自ら解決せねばならないので、学習コストが高くつきます。

一方で、そうした問題をクリアできたユーザはその道で一歩先行く者になれるわけですから、挑戦する価値はあります。

逆に、IT分野でアドバンテージを得ることを目的としていない人は、低いgooglabilityや解説の少なさという学習コストが高くついてしまうため、技術が普及してから勉強するというスタンスでもいいのかもしれません。


会計帳簿の電子化,その歴史と概要

会計データはデータベースの形式でシステムに保持されますが,そのデータベースの性質はコンピュータの発展に伴って変容してきました。

この記事では,会計帳簿が電子化されてきた経緯を,技術的なメリット,デメリットに着目して解説します。この記事の内容は以下のテキストの第4章「帳簿の電子化と複式簿記の役割」を参考にしています。


続きを読む

会計の本質を理解するために,データベースの知識が活かせる

「会計とは何か」という哲学的な問いかけに,どれだけの人が自信をもって答えられるでしょうか。

会計は写像であるとか,地図であるとか,言語であると言われます。

こうしたアナロジーを眺めていると,会計というのはものの見方であって,なんらかの方法と形式でビジネスのありようを写し取っているのだということに気づきます。

会計というものの見方がビジネスを写し取るにあたって,会計はビジネスのどんな要素に着目しているのでしょうか。

REA会計モデルはこの問いかけに対して,資源(resource),事象(event),主体(agent)の3つの要素に着目すると回答しています。

REA会計モデルとはなにか

どんな要素に着目して情報を整理するのかという視点は,データベースの設計にも求められます。データベース(DB)は,興味の対象をどのようにデータに写し取るのかを考える際に,対象や関係を把握します。そこでは「この世界のどんな構造に着目するか」という視点が求められています。

会計が写し取るビジネスの要素がわかれば,それをDBで表現できます。逆に,ビジネスの要素をDB表現できれば,その背後には会計的な見方があるとも考えられます。

複雑なこの世界のありようをDBという完結明瞭な形式の写し取るというプロセスについて理解することで,会計というビジネスの見方がどういう風になっているのかを理解する助けになります。

こちらのテキストは汎用的な会計データベースによって多様な会計目的を達成する可能性について論じています。

その参考文献にも挙げられている以下のテキストは,DBの数学的特徴やDBの操作について解説しています。

ヒューマン・マシン・ミックス:経営資源として人間を使うか機械を使うか

AIなどの新しいテクノロジーが,人間の仕事を奪うという主張をよく聞きます。

特に,経理や監査の事務員は,機械に代替される確率が高いという研究もあります。

【参考】経理職員はAIに仕事を奪われるのか?

本記事では,人間の仕事が機械に代替されるか否かという「ゼロイチ」の議論ではなく,人間と機械が互いの良さを発揮できるような協働のしかた,ヒューマン・マシン・ミックスについて考えます。

続きを読む

PSYCHO-PASSの世界に近づいた「万引き察知AI」

PSYCHO-PASSというアニメをご存知でしょうか。高度に情報化した近未来の日本で,人々の心理情報から将来的な犯罪の潜在的可能性を計測することができる世界を描くSFアニメです。

PSYCHO-PASSの劇中ではドミネーターいう拳銃型の デバイスを相手に向けることで,その人の犯罪係数を測定し,一定の閾値以上の人はその場で「執行」(≒処刑)されます。デバイスを向けるだけでその人の潜在的な犯罪傾向がわかるというのはいかにも近未来的です。

PSYCHO-PASS

画像出典IGN Japan:TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』第3期の制作が決定!

こうした技術は徐々に現実のものとなっています。

万引きは捕まえずに防げ!! 怪しい動き AI大魔神が見ているゾ…

こちらの記事では万引きをしそうな人の行動をAIが察知することによって,万引きを未然に防ぐ仕組みを提案しています。万引き犯が起こしやすい行動の傾向を事前に学習させておくことによって,お客さんが不審な行動をしたときにそれを店員に通知するようなシステムです。

 

この万引き察知AIは,万引き犯が罪を犯す前にそれを察知し,犯罪に至る前に事前に予防できるという意味で,素晴らしいテクノロジーだと思います。

人間の行動のデータが蓄積され,犯罪に手を染めてしまうことを未然に察知できるというのは,まさにアニメの世界の中で犯罪係数を測定することに限りなく近いものだと思います(現実にはPSYCHO-PASSのように犯罪に至る可能性が高いという理由で「執行」されることはありませんが)。

アニメの中の未来的なテクノロジーが現実のものになろうとしているのは,とてもワクワクします。今後の技術発展に夢が膨らみますね。