数学

複式簿記と会計情報のフラクタル構造

複式簿記のフラクタル構造について,Twitterでこんなコメントをいただきました。

 

この記事では複式簿記のフラクタル構造についてアイデアを整理します。

続きを読む

物事を数学的に考える意義

すでに知られていることを数学的に表しただけでは学術的価値は見出しにくいものです。

数学という「言葉」に翻訳するだけでは単にものの見方が多様になるだけで,それ自体が新たな発見になるわけではありません。

この記事では物事を数学的に考える意義について述べます。

続きを読む

書評『Algebraic Models for Accounting Systems』複式簿記と会計システムの代数構造を解明する

Algebraic Models for Accounting Systems

この記事は,複式簿記と会計システムの構造を代数的に解明する研究書『Algebraic Models for Accounting Systems』の書評です。

複式簿記の美しさや規則性の背後には,代数的な構造が見いだせます。本書はそんな複式簿記にもとづく会計システムの諸性質を証明によって明らかにするチャレンジングなテキストです。

この記事ではテキストの概要を述べたあと,章ごとに内容をまとめます。



続きを読む

準同型写像【簿記数学の基礎知識】

この記事では代数学における重要概念,準同型写像(以下,準同型)について,直感的な説明と定義を与えます。

複式簿記の数学的研究において, 準同型がどのように登場するかも解説します。

続きを読む

簿記代数を理解してもらうための説明

簿記代数を理解してもらいたい気持ち

簿記代数という研究分野について聞かれることが増えました。

「これは布教のチャンス!」と思い,群の構造やベクトルの話をするのですが,だいたいポカンとされます。

【君の知らない複式簿記3】複式簿記の代数的構造「群」

【君の知らない複式簿記4】簿記代数の教科書『Algebraic Models For Accounting Systems』とバランスベクトル

私の説明が下手だというのもありますが,そもそも多くの人は群とかベクトルとか言われてもピンとこないと思われます。

もっと身近な例を挙げイメージを膨らませられる説明をすれば,もう少し興味を持ってもらえる気がしています。

たとえば,複式簿記はルービックキューブに似ている,なんて話はどうでしょうか。

続きを読む

仕事の中で数学をどう役立てるか

趣味で数学の勉強をしていると,周りの人から「仕事の中で数学がどう役立つの?」と聞かれることがしばしばあります。

この記事では,数学の仕事への役立ちについて,私が考えたことをまとめます。

続きを読む