ビジネス

報酬は固定額にすべきか,出来高払いにすべきか

ある業務を社内外の誰かに委託するという構図は,多くの場面で表れます。

例えば以下のような例があります。

  • 組織(委託者)が社員(受託者)に業務を任せ,給与という報酬を払う(企業の日常的な業務)
  • 組織(委託者)が取引先(受託者)にサービス提供を任せ,対価として報酬を払う(取引先へのサービス依頼)

私はコンサルタントとして会社の課題解決を支援する仕事をしています。そういった仕事も,上記のような委託関係にあります。

委託関係において,報酬を固定額にする(固定報酬制)か,作業量や成果に連動する出来高払いにする(変動報酬制)かは,悩ましい問題です。

この記事では固定報酬制と変動報酬制メリット,デメリットを,委託者と受託者の立場から整理します。

続きを読む

事後的分析に学ぶ、過去の振り返り方

企業はその経営を効率的なものにするために、利益目標を立てます。

利益目標は組織の道標になるとともに、事後的に活動を振り返る際の基準になります。

この記事では利益目標と実際利益に差異が生じたとき、その原因を究明するための手法「事後的分析」について紹介します。

続きを読む

人生における選択のトレードオフと最適意思決定(ワークライフバランスかハードワークか)

 

人生において重視することを問う

人生において何を重視するか、というのは人それぞれ違います。

たとえば私が重視していることは

  • 気ままにストレスなく生きること
  • 健康に過ごすこと
  • 大切な人との時間をたくさん持つこと

です。これらに同意してくれる方もいるでしょうし、他にもっと大事なものがあるという方もいるでしょう。

ここに挙げた項目のほかに「ビジネスで成功すること」「仕事人として成長すること」を重視する人も多いと思われます。ハードに働いて多額の給料を稼いだり、自分のスキルを高めたりしたいという話はよく聞きます。

人生の選択肢の間のトレードオフ

しかしながら、ハードワークをするということは、それなりの犠牲を伴います。それは健康であったり、余暇の時間であったりします。

「あちらを立てればこちらが立たず」という関係をトレードオフといいます。激務と健康、仕事と余暇は、トレードオフの関係にあります。

どの変数を重視するかという視点

経済的な豊かさ、健康、家族関係、余暇などの「人生の満足度」(経済学でいうところの効用)を左右する諸変数について、その重要性は個人とその環境によってまったく異なります。

経済的豊かさを得るためには余暇が少なくても構わないという人は、豊かさの限界効用よりも余暇の限界効用のほうが小さい、と表現されます。

満足度の源泉にはトレードオフが存在します。先に述べた、激務と健康のトレードオフなどです。

私たちはこのようなトレードオフのもと、自分が人生において何を大切にしているのか(どの変数の限界効用が大きいのか)という価値観に照らして、自分の生涯効用を最大化させるために意思決定を行っています。

ハードワークかワークライフバランスか

時折、ワークライフバランスを重視したいという価値観に対して、スキルの獲得や成長を阻害すると言われることがあります。

確かに、ハードに働けばそれだけ仕事を覚える機会も増え、仕事への順応も早くなるでしょうから、このような主張には一理あります。

ここで重要なのは、ワークライフバランスを得ることと、ハードワークで成長を得ることと、どちらが自分の人生をより良くするか(生涯の効用を高められるか)という視点です。

ワークライフバランスを得ることの満足度と、ハードワークで大きな成長を得ることの満足度を天秤にかけたとき、前者が大きいのであれば良好なワークライフバランスのもと働くのがよいでしょうし、後者のほうが大きければ一心不乱に働くのが合理的な意思決定といえます。

もちろん、よく働く人の方が仕事人として評価されるのは当然ですから、場合によってはワークライフバランス重視派の人とハードワーク派の人とで、評価に差がつくこともあるでしょう。もしワークライフバランス派の人が「自分も仕事人として評価されたい」と思うのであれば、それは仕事の限界効用が高いとわかったということですから、そのときは仕事を頑張ればいいのです。

ただ、どの分野に比重を置くかが十人十色である以上、特定分野で他者と序列をつけることに大した意味はないように思えます。

大切なのは自分がどんな価値観をもち、どうありたいかを明確に認識して、自分で選択することです。

「これが私の選択だから」

と胸を張って言える、そんな生き方をしたいものです。

もっと勉強すればよかったという後悔と、社会人の学び直し

社会人になってから「学生時代にもっと勉強すればよかった」と後悔することがたまにあります。

またそれに似た後悔として、社会人になりたての頃に受けた研修をもっと真面目に受ければよかったと思う時もあります。

どうしてこんな後悔が生まれるのでしょうか。

こうした後悔には、どんな気持ちで向き合えばよいのでしょうか。

続きを読む

IT委員会報告書『公認会計士業務のリモート化における業務現場での課題とITの利用について』の公表について

 

日本公認会計士協会 東京会 IT委員会研究報告書

『公認会計士業務のリモート化における業務現場での課題とITの利用について』

が公表されました。

https://tokyo.jicpa.or.jp/member/document/list.html?pdid=5629

リモートワークが普及した昨今の監査・会計業務において、知っておくべきTipsを解説しています。

東京会所属の会計士の方はお役立てください。