【君の知らない複式簿記】の目的

このブログでは、【君の知らない複式簿記】と題して、複式簿記のちょっと変わった側面を紹介しています。

今回は【君の知らない複式簿記】が何を目的とした企画なのかお伝えします。

続きを読む

『具体と抽象―世界が変わって見える知性のしくみ』を読む

何についての書籍か:抽象化の方法論と、具体人間との意思疎通

細谷功『具体と抽象』は、ものごとを抽象に考えることの重要性を説いた書籍です。

私たちは「具体的なものはわかりやすい」「抽象的なものはわかりにくい」と印象を抱きがちです。

しかしものごとを抽象的にとらえると、一般的な性質に着目できるため、私たちの理解を助ける場合があります。

本書はものごとを抽象的に考え、思考力・発想力・理解力を向上させたいという読者に向けた本です。

また、具体的なレベルでしかものごとを捉えられない人とのコミュニケーションの齟齬に悩む人も、想定読者に上げられています。

なぜ手に取ったのか:抽象化による課題解決を目指すため

具体と抽象の行き来は、課題解決に役立つと考えています。

ユニクロの柳井社長は、具体と抽象の行き来が上手かったそうです。

「赤のフリース売れません!」という販売部門からの報告会の出来事です。

会議の参加者は「白は売れ行きは?」「トレンドカラーは茶だよ」という、色に着目した議論を進めようとしたそうです。

そんな中柳井社長は「フリース全体は?そもそも衣類支出の動向は?」と、より広い視野での質問を投げかけ、この問題を抽象化して考えようとしました。

このように、具体的な課題をさらに高い次元で考察することに、柳井社長は長けていたのだそうです。

ここに抽象化(もしくはカテゴリーの上位化)を伴っています。

このような抽象化による課題解決のアプローチを学ぶため、この本が役に立つと考えました。

何を学んだか

具体的には異なるものを、まとめて同じものとして扱う。これが抽象化の例です。

ものごとを抽象的に捉えると、異なるものを統一して見ることができるようになり、思考の幅が広がります。

また、共通する性質に対して考察することで、広く応用しやすい結論を得られます。

これは数学を学ぶことにも似ています。

数学は数や論理を使って議論を繰り広げます。しかし、具体的に何を扱っているかは問題とせず、例えばりんごひとつもみかんひとつも「1」という数で表しますし、コーヒーカップもドーナツも穴が1つという意味で「同じ」とみなしたりします(これはトポロジーという数学の考え方です)。

具体的なものではなく、抽象的なレベルで議論を展開しておくことで、あらゆる場面に応用できる一般性のある結論が得られます。

これが抽象化のメリットです。

何に応用できそうか、関連するものはなにか:会計における勘定科目

抽象と具体は「1:N」の関係で表現できると『具体と抽象』には書いてあります。

これは会計システムにおいて、勘定科目が階層構造を作っていることと似ています。

流動資産という抽象的な1つの勘定科目に対して、現金・預金・売掛金といった具体的な複数の勘定科目が対応しています。

また、流動資産・固定資産といった勘定科目は、さらにまとまりをつくり、資産というより抽象的な勘定科目を作ります。

このように、勘定科目の階層構造は、本書に書かれた具体と抽象のパターンそのものといえます。

参考文献:『勘定科目統一の実務

まとめ

細谷功『具体と抽象』は、ものごとを抽象的に考えることの重要性を学べる本です。

抽象的に考えることで、理解を助け、発想を豊かにし、一般的な性質を見極められます。

より広い視野でものごとを考えたいという方に、おすすめしたい一冊です。

簿記代数に可逆性は必要なのか

複式簿記を代数的に表現するという研究があります。私はそれを簿記代数と呼んでいます。

簿記代数では、仕訳や試算表といった「複式簿記のオブジェクト」の集合に「仕訳の追加」「試算表の合算」といった加法を定義し、群や環上の加群を導入します。

【参考記事】【君の知らない複式簿記3】複式簿記の代数的構造「群」

複式簿記の構造を群として考えるということは、複式簿記のオブジェクトにはどれも逆元が存在するということです。

この逆元というのは、ある仕訳の逆仕訳が想定されます。この逆仕訳というのは、ある仕訳の取り消し処理のことです。

どんな仕訳にも逆仕訳が存在するということは、どの仕訳も取り消せるということです。その取り消しは実務的な要請(誤謬の訂正)という意味合いが大きいように思えます。

しかし、もし「理想的な」会計実務が想定でき、仕訳の誤りがなくなったら、どうでしょうか。それはつまり、仕訳の取り消し処理が不要ということです。そのような場合、もはや複式簿記の代数的構造において必ずしも逆元の存在を認める必要はありません。

したがって、群よりもさらに原始的な構造であるモノイドを複式簿記の構造として考えることができます。

【参考記事】代数的構造の関係を図示してみた(マグマ、半群、モノイド、群、アーベル群、環、可換環、整域、体)

 

EXCELマクロという資産

Excelマクロは資産です。

それはなにも「この経験はきっと人生を豊かにするんだ」的な意味ではありません。明確な意味があります。

この記事ではマクロがなぜ資産なのか、マクロ資産を作る際に気をつけるべきポイントについてお話します。
続きを読む

「貨幣評価の公準」を緩めた簿記会計の可能性

会計は貨幣金額を用いて行われます。

製品製造用の木材1トンも、建物1棟も、社内システムのアカウント10名分もすべて、何らかの方法で貨幣金額(日本では円)を付し、仕訳に登場し財務諸表に反映されます。

これは会計における重要な決まり事として、貨幣評価の公準とよばれます。

貨幣評価の公準は、会計の公理にも含められることがあります。

参考:複式簿記会計の公理:Renes(2020)の紹介

もしこの公理が緩められるとすると、どんなことが起こるでしょうか。

貨幣金額という会計の「あたりまえ」を取り除くのはイメージしづらいかもしれません。しかしもしこれが可能だとすれば、会計や簿記は貨幣の介在しない、より広い世界の現象を記述するのに役立つかもしれません。

たとえば、物理現象や情報科学など、貨幣以外にも「交換」や「因果」や「等価性」を伴う概念はたくさんあります。

こういう概念にまで簿記・会計の概念を広げようと思ったとき、たとえば簿記・会計の公理があれば、それを共通理解として議論を深めることができます。

参考:簿記会計の公理を考えると何が嬉しいのか?

【君の知らない複式簿記 補遺】複式簿記の座標

このブログでは複式簿記の数学的な表現についていくつか記事を書いています。

【参考記事】【君の知らない複式簿記】目次まとめ

複式簿記における仕訳や試算表は、ベクトルとして表現できます。このとき、勘定科目は「座標系」と解釈することが可能です。

続きを読む

望月新一教授の宇宙際タイヒミュラー理論とはなにか:ABC予想の解決論文の「雰囲気」を知る

数学上の未解決問題「ABC予想」を証明した論文が2021年3月4日、国際専門誌「PRIMS」特別号でお披露目されました(共同通信記事)。

論文の著者は京都大数理解析研究所の望月新一教授です。この論文では「宇宙際タイヒミュラー理論(IUT; Inter-universal Teichmüller Theory)」という全く新しい数学理論が創造されています。

続きを読む

【君の知らない複式簿記 補遺】ブロックチェーン的三式簿記の3つの解釈

6世紀に渡り会計の基本言語であり続けている複式簿記。

そんな複式簿記が、最新のテクノロジーであるブロックチェーンによって進化しようとしています。

ブロックチェーン的三式簿記と呼ばれる新たな簿記です。

この記事ではブロックチェーン的三式簿記について2つの解釈が存在することを解説します。

続きを読む